アフターピルを持ち始めて2年目!持ち始めて損はしない避妊薬

MENU

ジェネリックのアイピル

女性にとって大きなターニングポイントともなる妊娠。
妊娠をすることで、自分自身の体調面や精神面が大きく変化します。また、自身を取り巻く周囲も変わる人も沢山いるでしょう。
自分自身の中で育む命が存在したとき、人はその命の大事さを更に知ることができるのかもしれません。

そんな妊娠ですが、残念ながら望まずにできてしまうこともあります。
産むか産まないかの選択が、今後の人生に大きく作用し、幸せになることもあれば、大きな影を落とすこともあります。

しかし、望まない妊娠になる可能性にすぐに気が付いて対処出来たら…それが可能であれば、すぐに対応したいと願わない女性はいないと思います。
その可能性に光を指すのが、アフターピルという緊急避妊薬です。

緊急避妊薬と言われるように、本来避妊は性行為前にすることが前提なのですが、こういった緊急時に性行為後に服用することで望まない妊娠を避けることができるのが、この薬です。
また、避妊薬として一般的に使われているピルという薬がありますが、このピルの成分を高濃度にしたものがこの緊急避妊薬になります。その為高容量ピルとも言われています。

性行後、72時間以内に服用する必要がありますが、病院によっては更に別の薬を処方してくれる場合もあります。
早く服用すればするほど効果も高く現れることから、早めの対応が肝心です。

現在、日本ではアイピルとノルレボという2種類が主流に使われています。
また、この薬は処方箋医薬品の扱いとなることから、産婦人科や婦人科へ行って処方箋を貰う必要があります。
そして、残念ながら保険適用外になってしまう薬なので、薬価も高いことでも有名です。但し、中絶を行うよりは金額が断然違うこと、精神的な部分でのダメージを思えば間違いなくアフターピルを使用する方が良いと言えます。

また、アイピルもノルレボもネット通販ではジェネリック医薬品も販売されていることから、個人で購入して試すことも可能です。
但し、服用する時間を考えてもそういったことが発覚してから注文し…となると、避妊が失敗する可能性が高くなるのも十分に頭に入れておく必要があります。
その為、ネット通販でジェネリック医薬品を使うことを考えるのであれば、前もって想定した上で購入し、手元に置いておく方が無難と言えるでしょう。